Java

STS(Eclipse)が「Failed to load the JNI shared library」で起動しない

STS(Eclipse)が起動しない

久しぶりにJavaをいじろうと、STS(Eclipse)※をインストールして起動してみたが、「Failed to load the JNI shared library・・・」と出てきてしまって起動することができない。

Spring Tool Suiteの略。基本的にはEclipseと同じだと思って読んでください。

原因はIDEとJavaの環境が揃っていないこと

STSが32bit版、Javaが64bit版だったためエラーが発生していました。

何の気なしにSTSをダウンロードして入れて、Javaは64bitを選択してインストールした結果、64bitのSTSではなく、32bitが落ちてきていたみたい。。。

  • 32bit版のファイル名
    • spring-tool-suite-3.9.5.RELEASE-e4.8.0-win32.zip
  • 64bit版のファイル名
    • spring-tool-suite-3.9.5.RELEASE-e4.8.0-win32-x86_64.zip

どちらもwin32と書いてあってややこしいですけど、最後に64とついている方が64bit版です。

64bit版のSTSダウンロード方法

STSのトップページ(https://spring.io/tools/sts)に設置してあるDownloadボタンは32bit版が降ってくるので注意が必要です。

このボタンを押すと32bitなので注意!

See All Versionsを押下するとバージョンや環境別のダウロードリンクが参照できます。

ダウンロードリンクはこちら(See All Versions)から。

ダウンロードページに飛ぶと、Window、Mac、Linuxの三種類のマークがあります。WindowsとLinuxは32,64bitが存在します。

私はWindowsの64bit版がほしいので、

三本線(三)をクリックして、64bitのほうのzipをダウンロードします。

画像の○を押すと各バージョンのリンクが見えるようになるので、矢印の64bitの下に書いてあるzipを押すことでダウンロードできます。

STS、Javaともに64bitに揃えることができたので、無事起動することができました!

 

さいごに

1点だけ注意点を。

動作させる環境が32bitの場合、STS、Javaともに32bitのものを選択してください。64bitであることではなく、環境(bit数)が揃っていることが肝心なので・・・